樹脂・金属の精密微細加工品の試作開発において技術と知識によって開発期間短縮とコストダウンを実現する技術情報サイト

医療機器 開発・製造展MEDIX
  • 最新 微細加工コストダウン事例
  • 微細加工技術ニュース
  • 微細加工とは
  • 精密加工と微細加工の違い
  • 微細加工のポイント
  • 微細加工のニーズ
  • 研究開発者が知っておくべき微細加工のポイント
  • 精密微細加工 技術相談室
  • 微細加工 Q&A
  • 微細加工用語集
  • 微細加工職人のつぶやき
  • お問合せ

研究開発者向け微細加工テストセンター 微細加工でお困りの案件がございましたらお気軽にご相談ください! お問合せはコチラ

GOTOSEIKEN

トップページ > 微細加工職人のつぶやき > 特殊穴の検査(特殊ゲージでの検査)

特殊穴の検査(特殊ゲージでの検査)

精度部の隙間や公差穴の寸法を確認するときは、

センゲージ、ピンゲージ、ブロックゲージを使用すると思います。

D穴形状や特殊な形状部で公差が入っていると

一般のゲージでは精度確認が出来ない事があります。

弊社では画像測定器・三次元測定機での検査だけでなく、

精度と形状に合わせたゲージを製作して確認をしています。

Dカットのある機構部品は多いので

加工した部品すべての

画像測定器・三次元測定機で検査するのは大変手間が掛かる為、

Dゲージを使用する事により、

D穴形状の検査時間が短縮出来てコストも下がります。

検査測定値の個人差も出ない為、

均一の製品を納品する事が出来ます。

このように弊社では、Dゲージ等を使って精度の管理を行っています。

カテゴリー: 微細加工職人のつぶやき パーマリンク