樹脂・金属の精密微細加工品の試作開発において技術と知識によって開発期間短縮とコストダウンを実現する技術情報サイト

医療機器 開発・製造展MEDIX
  • 最新 微細加工コストダウン事例
  • 微細加工技術ニュース
  • 微細加工とは
  • 精密加工と微細加工の違い
  • 微細加工のポイント
  • 微細加工のニーズ
  • 研究開発者が知っておくべき微細加工のポイント
  • 精密微細加工 技術相談室
  • 微細加工 Q&A
  • 微細加工用語集
  • 微細加工職人のつぶやき
  • お問合せ

研究開発者向け微細加工テストセンター 微細加工でお困りの案件がございましたらお気軽にご相談ください! お問合せはコチラ

GOTOSEIKEN

トップページ > 微細加工職人のつぶやき > 試作における樹脂切削加工の難易度

試作における樹脂切削加工の難易度

ABS、PC、POMを基準としたときの難易度となります。

①耐摩耗、強度は優れているが反り歪みが発生しやすく刃物の摩耗が激しい材質

(PPSG40%、PCG30%、PBTG50%等)

②変形が少ないため、高精度な加工が行えるが、高価で欠けやすい材質

(PEEK、PES、PPS等)

③粘りが強いためバリが発生しやすく、仕上げ、精度出し困難な切削性の悪い材質

(PP、PA、MCナイロン等)

④ゴム系のため柔らかく切断しにくい為、仕上げ、寸法精度を出すのが困難な材質

(ハイトレル、エラストマー等)

材質により注意点が変わるため、

用途や形状、精度に合わせた加工方法を用い、

高精度および微細加工を行う事が重要となります。

 

カテゴリー: 微細加工職人のつぶやき パーマリンク