樹脂・金属の精密微細加工品の試作開発において技術と知識によって開発期間短縮とコストダウンを実現する技術情報サイト

医療機器 開発・製造展MEDIX
  • 最新 微細加工コストダウン事例
  • 微細加工技術ニュース
  • 微細加工とは
  • 精密加工と微細加工の違い
  • 微細加工のポイント
  • 微細加工のニーズ
  • 研究開発者が知っておくべき微細加工のポイント
  • 精密微細加工 技術相談室
  • 微細加工 Q&A
  • 微細加工用語集
  • 微細加工職人のつぶやき
  • お問合せ

研究開発者向け微細加工テストセンター 微細加工でお困りの案件がございましたらお気軽にご相談ください! お問合せはコチラ

GOTOSEIKEN

トップページ > 微細加工職人のつぶやき > エジェクターピンの配置と注意点

エジェクターピンの配置と注意点

「エジェクターピン」とは

射出成形で型が開いた後に成形品を「コア」から押し出す為の金型部品です。

「エジェクターピン」が無ければ、

型が開いた後に成形品を「コア」から取リ出す事が出来ません。

「エジェクターピン」は成形品の形状に合わせ、

長さ、径、先端形状を変える事により様々な種類を使います。

形状の単純な成形品に対しては

1種類の「エジェクターピン」だけで済む事もありますが、

形状が複雑な成形品になると数十種類以上の「エジェクターピン」を使用します。

手のひらサイズの成形品でも100本以上の使用本数になる場合もあります。

「エジェクターピン」が少ないと型組時の手間は少なくて済みますが、

成形品を押し出す強度が足りずに折れてしまったり、

一部の「エジェクターピン」に負荷が集中して、

その部分が膨れたり、薄い部分を貫通してしまう問題が発生します。

また、配置のバランスが悪いと成形品が変形してしまう為、

型設計時に適切な位置に、適量を配置する必要があります。

型組時の調整も重要で「エジェクターピン」が

「コア」から飛び出ていると「キャビ」に当たってしまい型を破損したり、

成形品に穴や凹みが出来てしまいます。

逆に「エジェクターピン」が下がり過ぎていると、

成形品に凸形状が出来てしまいます。

最悪の場合そこに圧力が掛かり「エジェクターピン」が破損して、

樹脂漏れを起こす可能性もあります。

「エジェクターピン」の長さも重要です。

例えば四角い成形品の四隅に配置した場合、

四本の「エジェクターピン」の長さが均等になっていないと、

成形品が歪んで出てきてしまい不良品になります。

単純ですがとても重要な金型の機構です。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 微細加工職人のつぶやき パーマリンク