樹脂・金属の精密微細加工品の試作開発において技術と知識によって開発期間短縮とコストダウンを実現する技術情報サイト

医療機器 開発・製造展MEDIX
  • 最新 微細加工コストダウン事例
  • 微細加工技術ニュース
  • 微細加工とは
  • 精密加工と微細加工の違い
  • 微細加工のポイント
  • 微細加工のニーズ
  • 研究開発者が知っておくべき微細加工のポイント
  • 精密微細加工 技術相談室
  • 微細加工 Q&A
  • 微細加工用語集
  • 微細加工職人のつぶやき
  • お問合せ

研究開発者向け微細加工テストセンター 微細加工でお困りの案件がございましたらお気軽にご相談ください! お問合せはコチラ

GOTOSEIKEN

トップページ > 微細加工職人のつぶやき > 試作型におけるエジェクターピンについて

試作型におけるエジェクターピンについて

エジェクターピンとは射出成形で型が開いたときに

成形品を押し出すための金型部品です。

エジェクターピンが無ければ、

型が開いた後に成形品をコアから取リ出す事が出来ません。

エジェクターピンは成形品の形状に合わせ、

長さ、径、先端の形状など様々な種類を使います。

形状の単純な成形品に対しては1種類のピンだけで済む事もありますが、

形状が複雑なものになると数十種類近くのピン使う事もあります。

エジェクターピンが少ないと型組時の手間は少なくて済みますが、

成形品を押し出す強度が足りずに折れてしまったり、

薄い部分を貫通してしまったりと問題が発生します。

また、配置のバランスが悪いと成形品が変形してしまう為、

型設計時に適切な位置に、適量を配置する必要があります。

更に長さや型組時の調整でエジェクターピンが

コアから飛び出ているとキャビに当たってしまい、

型を破損してしまいます。他にもまだ注意点がありますが、

試作型でも型構造は同じなので、

エジェクターピンは高品質な成形品を製作するために欠かせない重要部品です。

 

 

カテゴリー: 微細加工職人のつぶやき パーマリンク