樹脂・金属の精密微細加工品の試作開発において技術と知識によって開発期間短縮とコストダウンを実現する技術情報サイト

医療機器 開発・製造展MEDIX
  • 最新 微細加工コストダウン事例
  • 微細加工技術ニュース
  • 微細加工とは
  • 精密加工と微細加工の違い
  • 微細加工のポイント
  • 微細加工のニーズ
  • 研究開発者が知っておくべき微細加工のポイント
  • 精密微細加工 技術相談室
  • 微細加工 Q&A
  • 微細加工用語集
  • 微細加工職人のつぶやき
  • お問合せ

研究開発者向け微細加工テストセンター 微細加工でお困りの案件がございましたらお気軽にご相談ください! お問合せはコチラ

GOTOSEIKEN

トップページ > 微細加工職人のつぶやき > プラスチック(ABS,PC,POM,PEEK,PPS,テフロン)を使用した精密加工、微細加工PPS(ポリフェニレンサルファイド)編  (ピーピーエス)スーパエンプラ編

プラスチック(ABS,PC,POM,PEEK,PPS,テフロン)を使用した精密加工、微細加工PPS(ポリフェニレンサルファイド)編  (ピーピーエス)スーパエンプラ編

POMでは使用時の耐熱温度で問題が発覚

材質を変更することになりました。

耐熱といえば、PPS

ガラス入りは用途上、問題があるため

ノーマルのPPSを使用して

9×9マス のスケールダウン版で実験を開始

切削加工を行う上で特に気を付ける部分は

脆さです。

加工負荷に注意しないとすぐ欠けます。

極小部品のため細心の注意をはらい完成

顕微鏡での確認では、

またしても切粉が悪さをして目詰まりに

更にバリが縁に発生と言う、いまいちな結果に

バリを取るため、加工を追加すると

欠けが発生してしまいました。

最終的には、良品が出来ましたが

極薄部品では仕様に耐えられないとの見解のもと

今度は、

PEEKでの実験に突入しました。

次回 スーパエンプラ編2に続く

内容については、御客様に了解を頂き掲載しております。

2013.6.17

後藤寛人

技術担当 K(CAD/CAM)

 

 

 

 

カテゴリー: 微細加工職人のつぶやき パーマリンク