樹脂・金属の精密微細加工品の試作開発において技術と知識によって開発期間短縮とコストダウンを実現する技術情報サイト

医療機器 開発・製造展MEDIX
  • 最新 微細加工コストダウン事例
  • 微細加工技術ニュース
  • 微細加工とは
  • 精密加工と微細加工の違い
  • 微細加工のポイント
  • 微細加工のニーズ
  • 研究開発者が知っておくべき微細加工のポイント
  • 精密微細加工 技術相談室
  • 微細加工 Q&A
  • 微細加工用語集
  • 微細加工職人のつぶやき
  • お問合せ

研究開発者向け微細加工テストセンター 微細加工でお困りの案件がございましたらお気軽にご相談ください! お問合せはコチラ

GOTOSEIKEN

トップページ > Ⅴ. 高精度微細加工における工数削減と品質向上のポイント > ③高精度微細加工を行うためのツール交換のポイント

Ⅴ. 高精度微細加工における工数削減と品質向上のポイント

③高精度微細加工を行うためのツール交換のポイント

Before

微細加工時のツール取替え

それまで使用していたツールに新しいツールを足して加工したところ、加工面に段差ができてしまう

段取りの途中で1つのツールだけを取り替える場合、工具長の測定が必要です。しかし、新しく取り替えたツールと、もともと使用していたツールを工具長測定した時との間で、MCの温度変化によるZ軸の伸び縮みがあり、工具長の測定値に相対的な誤差が生じてしまいます。

After

微細加工時のツール同士誤差

使用するツールを全て工具長測定をやり直したら加工面が綺麗に仕上がった

高精度微細部品を加工する際には、たとえひとつのツールを取り替えたときでも、ツール同士の間で誤差を出来るだけ無くすことが必要になります。実際上は高精度の加工面を得るために、取り替えたツール以外のすべてのツールの工具長を再計測することで高精度の微細加工を実現できます。

微細加工時のツール再測定

高精度微細加工を行う場合には、通常の加工時は問題にならないツール交換も慎重に行う必要があります。ひとつのツールを交換する際も、工具長の再測定を付け替えた一本で行うだけでは不十分であり、精度を出すためには全てのツールを再測定する必要があります。