樹脂・金属の精密微細加工品の試作開発において技術と知識によって開発期間短縮とコストダウンを実現する技術情報サイト

医療機器 開発・製造展MEDIX
  • 最新 微細加工コストダウン事例
  • 微細加工技術ニュース
  • 微細加工とは
  • 精密加工と微細加工の違い
  • 微細加工のポイント
  • 微細加工のニーズ
  • 研究開発者が知っておくべき微細加工のポイント
  • 精密微細加工 技術相談室
  • 微細加工 Q&A
  • 微細加工用語集
  • 微細加工職人のつぶやき
  • お問合せ

研究開発者向け微細加工テストセンター 微細加工でお困りの案件がございましたらお気軽にご相談ください! お問合せはコチラ

GOTOSEIKEN

トップページ > Ⅱ. 精密成形・金型における工数削減と品質向上のポイント > ②微細成形部品におけるゲート設定のポイント

Ⅱ. 精密成形・金型における工数削減と品質向上のポイント

②微細成形部品におけるゲート設定のポイント

Before

サブマリンゲートとバナナゲート

サブマリンゲート、バナナゲート

サブマリンゲートやバナナゲートの型設計の場合、ゲートこまの作成など、加工工程・入れゴマの個数が増えてしまいます。そのためコストや部品の製作日数の増大を招いてしまいます。また、製品にショートやヒケ等が発生した場合には、ゲート数を増やしたりして調整対応することが困難となります。

After

ジャンプゲートとサイドゲート

ゲートカットの工数が増えるが、トータルでの工数が減る

側面に手作業でのゲートカットの跡がつきますが、サブマリンゲートやバナナゲートのような複雑な構造からジャンプゲートに変更することで、ゲートコマの省略や加工工程、時間を短縮することができます。また、成形時にヒケやショートが発生した際も対応が容易になり、コストダウンにつながります。

微細加工時のコマ点数省略

サブマリンゲートやバナナゲートのような複雑なゲート形状を、ジャンプゲートのような形状に変更します。その結果、側面にゲートカットの凹0.1mm程度の食い込みが発生しますがコマ点数の省略や加工時間の大幅な短縮化を図ることができコストダウンにつながります。