樹脂・金属の精密微細加工品の試作開発において技術と知識によって開発期間短縮とコストダウンを実現する技術情報サイト

医療機器 開発・製造展MEDIX
  • 最新 微細加工コストダウン事例
  • 微細加工技術ニュース
  • 微細加工とは
  • 精密加工と微細加工の違い
  • 微細加工のポイント
  • 微細加工のニーズ
  • 研究開発者が知っておくべき微細加工のポイント
  • 精密微細加工 技術相談室
  • 微細加工 Q&A
  • 微細加工用語集
  • 微細加工職人のつぶやき
  • お問合せ

研究開発者向け微細加工テストセンター 微細加工でお困りの案件がございましたらお気軽にご相談ください! お問合せはコチラ

GOTOSEIKEN

トップページ > Ⅲ. 高精度加工における工数削減と品質向上のポイント > ⑤高精度部品における相互差部の加工のポイント

Ⅲ. 高精度加工における工数削減と品質向上のポイント

⑤高精度部品における相互差部の加工のポイント

Before

微細加工部品の相互差

相互差0.03以下

内側がポケット形状になっている高精度部品の場合、樹脂や金属の種類によって反りや歪みが生じやすくなっています。一般的な加工方法を適用した場合、上記のような相互差の寸法精度を出すことは非常に難しく、精度を実現するためには多大な工数が必要になってきます。

After

微細加工部品の残し代

予め残し代を付けておき、後で仕上げ加工を行う

相互差の精度が必要な部分にあらかじめ残し代をつけておき、他の部分を仕上げて形状を出す加工手順で加工します。精度が必要な残りの部分を仕上げ加工することで、上記のようなポケット加工の高精度な相互差寸法を満たすことができます。

微細加工部品の仕上げ加工

高精度部品では材料の反りや歪みを十分に考慮する必要があります。特に上図のように部分によって板厚が異なる部品の場合、各部分の相互差が大きくなってしまいます。この場合、一度残し代を付けて加工した後に仕上げ加工を行うことで相互差寸法を満たすことができます。