樹脂・金属の精密微細加工品の試作開発において技術と知識によって開発期間短縮とコストダウンを実現する技術情報サイト

医療機器 開発・製造展MEDIX
  • 最新 微細加工コストダウン事例
  • 微細加工技術ニュース
  • 微細加工とは
  • 精密加工と微細加工の違い
  • 微細加工のポイント
  • 微細加工のニーズ
  • 研究開発者が知っておくべき微細加工のポイント
  • 精密微細加工 技術相談室
  • 微細加工 Q&A
  • 微細加工用語集
  • 微細加工職人のつぶやき
  • お問合せ

研究開発者向け微細加工テストセンター 微細加工でお困りの案件がございましたらお気軽にご相談ください! お問合せはコチラ

GOTOSEIKEN

トップページ > 精密加工と微細加工の違い

精密加工と微細加工の違い

■ 精密加工と微細加工の共通点 

  • 加工時のクランプと位置決めをしっかり行うこと
  • 加工に必要な工具・機械設備の精度管理
  • 加工品を検査するための測定器の校正
  • 精度を確保できる最適な加工条件
  • 加工時の問題点を的確に判断できる経験と想像力を兼ね備えた技術者
  • 工場内・機械の温度管理、振動対策等の環境管理

■ 精密加工と微細加工の相違点 

微細加工で一番問題となる部分は加工の状況が肉眼で確認できないところです。
加工している部分や形状が微小サイズであり、切削音や切粉の出方から切削負荷を判断することもできません。同様に加工途中に工具に折損が起きても、工具の形状も極小サイズのために状況の把握が困難です。
更に極小部品となると寸法許容誤差が限りなく0に近くなってしまい、数ミクロンの誤差が品物の出来に大きく影響してきます。当然手に持っての仕上げ作業や工程内での測定もできないため、加工が完了するまで品物の出来不出来が分かりません。
つまり、加工状況が可視化できる精密加工よりもさらに技術者の経験と想像力が大きく問われることになり、それらを実現させる機械の精度、温度管理もさらにシビアなものとなるところが相違点といえるでしょう。