樹脂・金属の精密微細加工品の試作開発において技術と知識によって開発期間短縮とコストダウンを実現する技術情報サイト

医療機器 開発・製造展MEDIX
  • 最新 微細加工コストダウン事例
  • 微細加工技術ニュース
  • 微細加工とは
  • 精密加工と微細加工の違い
  • 微細加工のポイント
  • 微細加工のニーズ
  • 研究開発者が知っておくべき微細加工のポイント
  • 精密微細加工 技術相談室
  • 微細加工 Q&A
  • 微細加工用語集
  • 微細加工職人のつぶやき
  • お問合せ

研究開発者向け微細加工テストセンター 微細加工でお困りの案件がございましたらお気軽にご相談ください! お問合せはコチラ

GOTOSEIKEN

トップページ > Ⅲ. 高精度加工における工数削減と品質向上のポイント > ③高精度加工における部品反り防止のポイント

Ⅲ. 高精度加工における工数削減と品質向上のポイント

③高精度加工における部品反り防止のポイント

Before

微細加工部品の内部応力

第1工程 荒取り、仕上げ。第2工程 荒取り、仕上げ。反りが出る。

板形状の薄物部品などでは、加工すると熱や内部応力によって反りが出てしまいます。この場合、形状は出すことができますが、100分台での平面度や平行度を出すことが難しく、高精度部品を加工する場合には精度を満たせないケースが多くなります。

After

微細加工部品の粗取り・仕上げ

第1工程 荒取り。第2工程 荒取り。第3工程 仕上げ。第4工程 仕上げ。反りが軽減できる。

2面加工の品物でも最初に両面共に荒加工を行い、反りを最初に故意に出しておきます。加工材料の反りが発生した後、再度両面に仕上げ加工を行うことで、反りを軽減した品物が作成できます。この工程を踏むことで、高精度部品を安定的につくることができます。

微細加工部品の反り軽減

高精度の板物の加工を行う際には、反りを軽減することが重要なポイントとなります。反りが出てしまうケースでは、両面を粗取り加工し意図的に反りを出しておきます。その後に両面を仕上げ加工することで反りを除去し、精度を確保することができます。