樹脂・金属の精密微細加工品の試作開発において技術と知識によって開発期間短縮とコストダウンを実現する技術情報サイト

医療機器 開発・製造展MEDIX
  • 最新 微細加工コストダウン事例
  • 微細加工技術ニュース
  • 微細加工とは
  • 精密加工と微細加工の違い
  • 微細加工のポイント
  • 微細加工のニーズ
  • 研究開発者が知っておくべき微細加工のポイント
  • 精密微細加工 技術相談室
  • 微細加工 Q&A
  • 微細加工用語集
  • 微細加工職人のつぶやき
  • お問合せ

研究開発者向け微細加工テストセンター 微細加工でお困りの案件がございましたらお気軽にご相談ください! お問合せはコチラ

GOTOSEIKEN

トップページ > 微細加工職人のつぶやき > 3Dデータを使用した試作加工における目視検査の重要性(ニュースTX版Vol3-1)

3Dデータを使用した試作加工における目視検査の重要性(ニュースTX版Vol3-1)

現在、お客様より頂くデータの9割以上が3Dデータになっております。

基本的には、

重要寸法部が記載された2D図面が添付されておりますが、

それ以外の形状については、

3Dデータに準じて切削加工を行います。

一般公差部で寸法の記載されてない箇所については

ノギスやマイクロ等を使い、

当然、3Dデータで寸法を確認して測定しますが、

フィレット、隅部のR、曲面形状、肉抜き形状等、

2D図面に寸法が記入されていない所は

テスト加工時の目視検査を行います。

3Dデータと部品を比較して、

形状に違いが無いかを確認します。

部品形状により異なりますが、

異形状の有無を最低でも6方向から確認します。

また、その時に、バリ、キズ、打痕、食い込み、カケ、歪み等、

切削加工によって起こり得る不良に対しても確認を行います。

目視検査にはもう一つの役目があります。

完成品を一つマスターとして、

数量の多い部品の差異を確認する事です。

切削加工では、数量が多いと、

切削工具の摩耗、温度変化、材料のロットによる変化、

作業者の技術レベル、類似部品や不良品の混入等、

複合した要因により、

バリ、キズ、カケ、打痕、切り粉が詰まっている穴、

タップ穴の不良、ゆがみ等が発生します。

全ての部品をマスター品と並べ、最低6方向から比較する事により、

問題がある部品を見つける事ができます。

試作加工では、材質はもちろん多種多様な形状を

日々、何十点も同時に製作します。

最終的に私たち作業者の品質に対する意識が

不良を無くす最大の要因になると思っています。

担当:I(仕上げ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 微細加工職人のつぶやき パーマリンク