樹脂・金属の精密微細加工品の試作開発において技術と知識によって開発期間短縮とコストダウンを実現する技術情報サイト

医療機器 開発・製造展MEDIX
  • 最新 微細加工コストダウン事例
  • 微細加工技術ニュース
  • 微細加工とは
  • 精密加工と微細加工の違い
  • 微細加工のポイント
  • 微細加工のニーズ
  • 研究開発者が知っておくべき微細加工のポイント
  • 精密微細加工 技術相談室
  • 微細加工 Q&A
  • 微細加工用語集
  • 微細加工職人のつぶやき
  • お問合せ

研究開発者向け微細加工テストセンター 微細加工でお困りの案件がございましたらお気軽にご相談ください! お問合せはコチラ

GOTOSEIKEN

トップページ > 微細加工職人のつぶやき > 工具の振れを減少させて、高精度加工、微細加工、高精度試作型に対応しております(ニュースTX版Vol1-2)

工具の振れを減少させて、高精度加工、微細加工、高精度試作型に対応しております(ニュースTX版Vol1-2)

弊社では精密、微細、高精度加工を手掛けることが大変多く、

また試作型の製作時、

一般公差部の精度を±0.01以下としているため、

段取りの際は気を付けなければならないことが数多くあります。

その事例の1つにエンドミル等をチャッキングしたのち

ツールごとにダイヤルピック等で振れを確認します。

振れを5ミクロン以下に抑えた工具で加工を行う事で、

狙い値通りにミクロン単位の高精度加工ができます。

また刃物の寿命をより伸ばす事ができ、

コスト的にも大変有効です。

しかし欠点としてコレットによる締め付け具合や、汚れの付着等により、

振れを抑えるまでに時間がかかってしまう場合があります。

そこで弊社では焼きばめ式のツールセットを導入しております。

極力、振れが起きない構造で、

無駄なツールつけ直しの手間を省き、

簡単で素早い段取りを実現し、

高精度かつ短納期の加工、型に対応できるようにしております。

担当:S(MC)

 

 

カテゴリー: 微細加工職人のつぶやき パーマリンク